配車サービスはなぜ注目されているのか〜日本と海外ではどう違う?

皆さんは日常生活においてタクシーを使うことはありますか?私自身がタクシーを使うのは、急いでる時、荷物が多い時、あるいは終電を逃してしまった時などです。ただ、普段は街中でもたくさんタクシーを見ているはずなのですが、いざ乗ろうとするとなかなか捕まらないものです。このような場合には、タクシー会社に電話して配車を依頼するのですが、電話料金もかかりますし、出先の場合は住所を伝える必要があり、何かと手間がかかります。このようなケースで非常に便利なサービスがあります。それが配車サービスです。今回は配車サービスについて考察します。

配車サービスの仕組みと機能

配車サービスで最も重要なテクノロジーはGPSです。自身がいる場所を意識せずに配車アプリを開いて配車を依頼するだけです。自身の場所はスマートフォンから取得されたGPSの位置情報により割り出します。もちろん、乗車前に目的地を登録しておけばタクシーなどに乗車したあとに口頭で伝える必要もありません。さらには支払いもキャッシュレスで可能であるため、スマートな乗降が可能となっています。

さて、あえて「タクシーなど」という表現を用いたことにお気づきでしょうか?実は配車サービスを運営しているのはタクシー会社だけではありません。むしろ海外では「乗客」と「運転手」をマッチングするサービスとしての配車サービスがスタンダードなのです。ただ、日本では国土交通大臣の許可を受けない状態で、乗客を輸送するという行為(いわゆる白タク行為)は道路運送法第4条にて禁止されています。そのため日本の配車サービスは、タクシー会社を経由したサービスとなっています。海外と日本ではサービスの仕組みそのものが異なることは覚えておきましょう。

世界の配車サービス

もう少し配車サービスを理解するために、具体的なサービスとその運営者を幾つか見てみましょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら