マッチングアプリとは?人と人をつなぐ新しいカタチ

人生は人との出会いの繰り返しです。様々な人と出会い、その人から影響を受けると同時に、知らず知らずのうちに、自らが誰かに影響を与えているものです。自分1人では解決できない問題も、誰かと話しているといつの間にか解決の手段が見えてくることもあります。良質な出会いが、人生を豊かにしてくれるのです。

ですが、インターネットが発達しあらゆるものがオンライン上で完結するようになったことに加えて、他人との干渉を極端に嫌う人が増えた現代社会において、人と出会うという事自体のハードルが上がっています。それをITの力で解決したのがマッチングアプリです。マッチングアプリは人と人をインターネットでつなぎ、新たな人間関係を生み出しているのです。

様々なマッチング

マッチングアプリと一言でいっても様々なカテゴリが存在します。国内だけでも数多くのマッチングアプリが存在するため、何を求めているのかによって正しく使い分ける必要があります。ここでは、幾つかのマッチングアプリをご紹介します。

恋愛系マッチング

出会い系アプリというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、常にマッチングの需要があるため、参入業者も比較的多い分野です。株式会社エウレカはPairsというサービスを提供しています。累計会員数1000万人、交際・入籍者数20万人(2019年2月時点)という数字は、異性との出会い方に新しい選択肢をつくったといえるでしょう。なおエウレカは、2012年のサービスイン後、2015年にアメリカのインターネット企業に買収されています。現在では日本のみならず台湾や韓国、シンガポールなどでも事業を展開しています。

人材系マッチング

自分では価値がないと思っていた得意分野やスキルも、他人にとっては非常に価値があるものです。株式会社ココナラが運営しているココナラというサービスは、個人の知識、アイデア、経験を必要としている人とマッチングするサービスです。こうしたCtoCサービスは他にもありますので、時間があれば調べてみるとよいでしょう。

企業と企業のマッチング

中小企業の事業継承やM&Aしたい、されたい企業をマッチングするトランビもマッチングアプリの1つといえるでしょう。2018年8月にはSBIインベストメント株式会社をはじめとする複数のベンチャーキャピタルなどから総額11億円の資金調達に成功していることからも、今後の成長性が非常に期待されているサービスです。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら