FoodTechで食卓事情はどう変わる?食 × ITの可能性とは

近年「○○Tech」という造語が多く見受けられます。どれも既存業界にIT技術を応用したもので、多数の企業が新規事業として参入しつつあります。今回は、その中でもFoofTechについて取り上げ、社会から求められる背景や将来性について考察していきます。

世界の課題である食糧問題

世界はかねてから「食糧危機」と「フードロス」という2つの課題を抱えてきました。食糧危機とは、人口の爆発により、食糧が不足した結果として飢餓状態に加え、社会の経済活動を阻害してしまうというものです。一部の専門家の意見では、農家や農林水産省が生産量を維持するために意図的に流したデマだという人もいます。また、最新の研究では世界的にみても出生率が低下傾向にあるため、食糧危機に陥る可能性は低いという意見もあります。

ただし近年急速に発展したインドや中国は、所得の向上に伴い食文化も変わりつつあります。また、日本でもたびたび特定の魚の漁獲高が激減しているというニュースを見ます。さらには昨今の極めて不安定な世界情勢は、予期しない出来事を引き起こし食糧危機を一気に加速させる可能性も拭えません。これは私たちにとっても他人事ではない大きな問題なのです。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら