RETechで進む不動産業界の新陳代謝〜古い業界体質を変える可能性

最近は〇〇×Technologyという言葉をよく耳にするようになりました。最も有名なものは、金融×ITのFinTechです。そのほかにも広告×ITのAdTech(アドテック)、農業×ITのAgriTech(アグリテック)、教育×ITのEdTech(エドテック)、健康×ITのHealthTech(ヘルステック)などです。今日では、どのような業界にとってもITは必要不可欠な存在となっており、IT技術を掛け合わせることで、業務の効率化や新たな価値の創出を実現しているのです。

この×Tech(クロステック)にRETechと呼ばれるものがあるのですがご存知でしょうか?これはリテック(またはリーテック)と読み、不動産(Real Estate)にIT技術を掛け合わせたものです。不動産業界はIT化に乗り遅れた業界の1つであり、今でもFAXなどの紙媒体をメインで使用している企業も非常に多いのです。

日本の不動産業界の問題点

日本の不動産業界が古い体質であることは、皆さんもよくご存知だと思います。2017年には悪しき習慣の1つである「おとり広告」が一斉に摘発されました。(不動産のおとり広告に関する表示|消費者庁)要は貸す気がない物件をおとりに使い、集まってきた客に他の物件を紹介するというものです。

さらには不透明な敷金礼金制度、一定年数ごとに請求される契約更新料などです。また、先日北海道札幌市でガス爆発が起きましたが、この不動産会社は消毒料名目で顧客から支払っていた作業を全く実施していなかったという疑いも浮上しています。こういった極めて不透明な問題を多く抱えているのが不動産業界です。RETechはこのような旧態依然とした業界に風穴をあける存在となる可能性を持っています。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら