MacとWindows、どちらを買うべき?就活にも不可欠なPCの選び方について解説!

社会人にとって、PCとはビジネスを推進する上で無くてはならないアイテムの1つです。これがIT業界で働くITエンジニアとなると、その重要度は飛躍的に増加します。なぜなら、ご存知の通り、ITエンジニアの仕事はほぼPC1台で完結するからです。資料を閲覧するため、資料を作成するため、プログラミングのためなど、ITエンジニアの業務における様々なシーンでPCが活躍します。だからこそ、どのようなPCを使うかは非常に重要な選択となります。

さて、PCと言えば、事実上2つのOSから選ぶこととなるでしょう。それはApple社のMac、そしてMicrosoft社のWindowsです。ですが、これまで余りPCを購入した経験がない方は、どちらを選べば良いのか迷う方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、MacとWindowsについて、正直どちらが優れているか、現役のITエンジニアの視点から考察してみます。

デザイン性

PCを比較する上でポイントは色々とありますが、まずは難しいことは後回しにして、外見を比較しましょう。せっかく高いお金を出して買うPCです。持っているだけで触りたくなる、そしてモチベーションがあがるアイテムを選ぶというのは、意外と重要なポイントです。とはいえ、既に皆さんもご存知かと思いますが、この比較はMacが得意とするところでしょう。

Apple社のプロダクトは、機能性もさることながら、革新的なデザインで熱狂的なファンを獲得しています。持っているだけでステータスがあがる気がするのはMacならではです。ただ、Macとは違いWindowsは様々なメーカーがPCを販売しています。例えばASUSなどは、Macにも引けをとらない洗練されたデザインのラインナップを揃えています。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら