既存産業を破壊する?シェアリングエコノミーが世の中にもたらす影響とは

ITは進歩や革新のたびに、様々なものに変化をもたらしてきました。例えば、コミュニケーション手段をとっても、手紙→固定電話→携帯電話→電子メール→チャットツールといったように選択肢が増えていることがわかります。また、年末が近づいてくると、毎年のように年賀状の売上枚数が下がったという報道を目にするかと思います。これも携帯電話やLINEといったアプリケーションが普及したことと深く関係しています。ITには、既存のサービスを破壊した上で、さらに利便性が高いものにする力を持っているのです。

さて、皆さんは「シェアリングエコノミー」という言葉をご存知でしょうか。直訳すると「共有経済」となるこの技術は、様々な余剰資源・スキルを、その資源を必要とする人に対して提供するものです。民泊をターゲットとしているairbnbや、配車をターゲットとしているUberというサービスを実際に利用した事がある人もいるのではないでしょうか。現在、日本でも様々なシェアリングエコノミ―のサービスが誕生しています。

シェアリングエコノミーは既存産業を破壊する

長い間、ビジネスのスタイルはBtoBまたはBtoCというスタイルが一般的でした。BtoBとはBusiness to Businessの略であり、企業間の取引を指します。例えば自動車を生産する企業が、その材料となる鉄などを企業から購入するというモデルです。一方、BtoCとはBusiness to Consumerの略であり、企業と消費者の取引を指します。これは生産された自動車を、実際に使用する私たちが購入するというビジネスモデルです。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら