HRTechは人事部を不要にする?AIやビッグデータを活用した人材評価について

現在、HRTechという言葉が注目を集めています。HRTechとは「Human Resource」と「Technology」から成る言葉です。Human Resourceを直訳すると「人的資源」ということになりますが、アメリカでは「Human Resources Department」といえば、日本でいう人事部のような組織を指します。そのため人事部の「求人」「採用」「労務管理」「評価」といった業務に対して、ITを活用したサービスをイメージして頂ければよいでしょう。今回はこの幾つかある業務の中でも、HRTechの真髄といっても過言ではない「採用」「評価」について掘り下げてみます。

これまでの人事部の業務における問題点

あらゆる企業にとって最大の財産は「人材」です。企業は、優秀な人材を確保するために新卒や中途を問わず積極的な採用活動を行っています。皆さん自身も、いまその採用活動の真っ只中にいるので、肌で感じているのではないでしょうか。その採用活動をメインで担当しているのが人事部という組織です。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら