データアグリゲーションを取り入れる意義とは?現行のIoTにおける課題を例示しながら解説

データアグリゲーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。アグリゲーションとは、「集約」や「集合体」という言葉を持った言葉です。直訳すると「データの集約・集合体」ということになります。現在ITの世界、とりわけIoT関連の業界では、このデータアグリゲーションという言葉が非常に注目されています。データアグリゲーションとはどのような技術であり、ビジネスの世界をどう変えていくものなのでしょうか。今回はデータアグリゲーションについて考察します。

現状のIoTの課題とデータアグリゲーション

データアグリゲーションという言葉は、IT関連の調査会社であるIDCが生み出した造語と言われています。データアグリゲーションを理解するためには、現状のIoTとその周辺について正しく認識しておく必要があります。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら