WEB発アパレルブランドは業界にどのような革命を与えるのか!?

アパレル業界には様々なブランドがあります。そしてアパレル業界とITと言って思いつくのはZOZOTOWNなどですが、これらのアパレル企業はどちらかというと消費者に売る側の立場です。ITがアパレル業界に影響を与えているのは、流通全体のうち消費者に近い下流工程ですが、「ブランド」という最上流の部分にはあまりIT化が浸透していません。本記事ではITの力をつかって新しい「ブランド」をアパレル業界で作ろうとしている、エバーレーンという企業の取り組みについて説明します。

SPAモデルに代わるアパレル業界の新しい事業モデルは現れるのか

日本で一番大きいアパレル企業は、ユニクロやジーユーを運営するファーストリテイリングで2018年8月期決算の売上は約2.13兆円です。ちなみに世界で一番大きなアパレル企業はZARAを保有するインディテックスで、2018年1月期の売上高は約3.42兆円となっています。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら