メッセージングサービスについて考察〜時代によって変わるコミュニケーションの形

手紙から固定電話、ポケットベル、PHS、携帯電話からスマートフォンと、時代によって、そしてテクノロジーの進化によって、私たちのコミュニケーションの形は変遷してきました。今では、メッセージングサービスが主流となっていると言えるでしょう。そこで今回は、私たちが常用しているメッセージングサービスについて考察を行います。

時代とともに変わるコミュニケーションの形

コミュニケーションは時代とともにその形を変えてきました。かつては手紙や交換ノートといった形で気持ちを伝えていましたが、やがて時が経ちポケットベルという電子的なデバイスが登場します。ポケットベルは電話回線を用いて相手のポケットベル端末にメッセージを配信できるサービスです。大人はもちろん中高生までもが公衆電話に向かって、遠くにいる誰かにメッセージを送るためにボタンを連打していました。

このポケットベルに次いで出てきたのが、PHSや携帯電話です。それまで家庭では固定電話が主流でしたが、一気に電話が一人一台という時代へと突入していきます。この携帯電話は同時に電子メールも普及させる一因となりました。特にdocomo、au、Softbankなどが提供するキャリアメールは、今でも利用しているユーザーが少なくありません。そして、近年ではスマートフォンが爆発的にシェアを拡大しています。このスマートフォンの登場により、多くの人は電子メールからLINEなどのメッセージングサービスへと移行することになります。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら