2019/09/17更新

「企業理念」を3つの視点から深掘りしてみよう!短い文章でも企業理解を深めるヒントがあるかも?

あなたは、面接で「弊社の企業理念のどこに共感しましたか?」という質問をされたとき、きちんと答えられますか?もし「素敵なところを答えればよいのでしょう」と思っているのなら、一度考え直したほうがよいかもしれません。就活生が答えるべき内容は、一般市民へのアンケートとは異なります。就活生は、内定したらその会社の一員になるという前提で、この質問に回答しなければなりません。それでは、どのようなポイントを踏まえて回答すればよいのでしょうか。ここで確認しておきましょう。

企業理念とは何か

そもそも企業理念とは何でしょうか。これは企業の存在意義とでも言うべき、大切なものです。企業理念がなければ、単にサービスを提供してお金を得るだけの集団になってしまい、仕事のやりがいもあまり得られないでしょう。

企業理念とは、事業を運営する目的や意義を示すもの

企業理念とは、会社が事業をする上での目的や意義を示すものです。会社が存在する大義名分であり、「企業が社会の中で果たすべき責任と役割」についての宣言ともいえるでしょう。企業理念は企業活動の礎ともいうべきものですから、経営哲学と言われる場合もあります。いずれにしても企業活動をする上で、とても大切なものです。

似通っている場合もおざなりにすべきではない

企業理念の書き方はさまざまですが、必ずしもわかりやすく書いているとは限りません。人生訓のようなものだったり、簡潔すぎてイメージしづらい場合もあるでしょう。逆に文章が長い場合もあります。場合によっては、企業理念が似ていると感じる場合もあるかもしれません。

しかし、企業どうしの理念が似ている場合でも、どこかに違いがあるものです。そのため、企業理念をチェックすることをおざなりにすべきではありません。細かい違いから企業の方向性の違いが見える場合もありますので、その違いをきちんとチェックすることが必要です。

そんな企業理念にはさまざまなものがありますが、どの人たちに向けて書かれているかという視点で見ると、3つのタイプに分けることができます。それぞれについて、説明していきましょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら