2018/12/05更新

面接時の回答やESに奇をてらってない?そのリスクや本来取るべきスタンスとは

最近の企業の中には、“クリエイティブ”な学生を求めているケースも少なくありません。特にIT・WEB業界には多い傾向にありますよね。そのため、もし他の人と異なるオリジナリティのある視点があれば、就活に有利となる場合もあります。ただし、異端であることや人と変わっていることが、必ずしもクリエイティブな才能と直結するわけではありません。もし奇をてらったアピールを“あえて”行ってしまうと、マイナスポイントにつながることもあるでしょう。あくまで就活では、仕事をするという視点でのアピールが必要です。ここではESや面接で企業が何を求めているか、また奇をてらうことによるリスクを解説していきます。

企業は学生に何を求めているか?

面接時の回答やESへの記入において常に心がけておきたいことは、企業は学生に対して何を求めているか想定するという点です。この点について、解説していきましょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら