2019/06/11更新

将来起業したい!という目標を会社に話しても良いか

皆さんの中には、将来起業したいという志を持つ方もいるでしょう。それ自体は積極的な姿勢として、評価できるものです。しかし会社により、起業への寛容度は異なります。従って面接で話してもよいかどうかは会社次第となりますから、企業研究などで事前にチェックしておく必要があります。あわせて起業を望むなら、仕事に対する積極的な姿勢が不可欠です。加えて起業すると会社員よりも不利益な面が出てきますから、この点もしっかり把握しておきましょう。

起業したい!という目標を話してもよいかどうかは、会社による

ESや面接において、将来起業したいという目標を話してもよいかどうかは、もちろん会社によります。従って、事前の企業研究が欠かせません。本記事では、最初にこの点について考えていきましょう。

起業予定の従業員を抱えるメリットとデメリット

会社にとって、将来起業を考えている従業員を抱えることは、メリットとデメリットがあります。起業を考えている従業員を採用するメリットは、社外とのネットワークを構築できる点があげられます。その従業員が経営する会社が大きくなれば、将来的に元々の会社が行使できる影響力も大きくなるかもしれません。一方でデメリットとしては、会社が投じた教育費用を回収できないまま従業員が離職してしまい、社業に貢献できない結果になってしまうことがあげられます。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら