2019/06/28更新

アルバイト等で作ったプログラムを応募先企業に提出してもOK?

就活生の中には、アルバイトやクラウドソーシング等でプログラムを作った経験のある方も多いかと思います。自己アピールのために、このようなプログラムを就活にも活用したいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかしこのプログラムを応募先に提出することは、原則として不可と考えましょう。なぜなら、企業秘密に属する問題があるためです。この記事では、その理由について解説します。

仕事で作ったプログラムを応募先企業に提出してはいけない

たとえアルバイトといえども、仕事で作ったプログラムを応募先企業に提出してはいけません。もし提出してしまうと、さまざまな不利益を受けるおそれがあります。どのような問題があるのか、確認していきましょう。

会社で作ったプログラムの持ち出しは、就業規則等により禁止されている

多くの企業では就業規則等により、会社の機密情報を持ち出すことを禁止しています。これはアルバイトといえども例外ではありません。実際にプログラムの持ち出しが発覚した場合は、規則違反を問われることになるでしょう。また応募先企業に提出してしまった場合は、機密情報の漏えいにも問われることになります。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら