2019/12/19更新

WEBディレクター・プロデューサー・プランナーの違いって?

WEB制作は分業で仕事をします。営業、ディレクション、デザイン、コーディング、マーケティングなど様々な作業工程があり複数の人が完成までに関わります。このように色々な工程が存在しており、企業によって職種の名前の付け方もばらばらなので、名前を聞いても何をする人なのか違いがわからないことが少なくありません。本記事ではWEB系の仕事でよく聞くWEBディレクター・WEBプロデューサー・WEBプランナーという肩書の違いについて説明します。

実はWEBディレクター・プロデューサー・プランナーの使い分けにルールはない

結論から言うと、WEBディレクター・プロデューサー・プランナーについて明確な使い分けはありません。同じ仕事をしていても片方の会社ではWEBディレクターという肩書で、片方の会社ではプランナーという肩書になるということはよくあります。また、WEBディレクターという肩書は多くの企業で使われていますが、プロデューサーやプランナーが存在しない会社もよくあります。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら