2018/11/28更新

WEB広告モデルの種類について解説

マーケティングの仕事では、テレビCMや新聞広告などの広告媒体を使う様に、Webマーケティングにおいても広告媒体を使ってマーケティング活動を行います。本記事ではWeb広告モデルの種類について説明します。

WEB広告の特徴について

Web広告の種類を説明する前に、Web広告にはどのような特徴があるのかについて説明します。一般的な広告手法とWeb広告の最大の違いは、反響が定量的に確認しやすいという事です。Web広告経由でどの位のアクセスがあってどの位の成約があったのかはツールを使えば確認する事ができるので、一般的な広告よりも反響が定量的に確認できます。

また、成果報酬型の広告が多い事も特徴で、広告を掲載する為に1月何万円という設定ではなく、1アクセスあたり何円、1閲覧あたり何円という単位の課金方法の広告が多い事もWeb広告の特徴です。手間さえかければ、普通のリアルメディアよりも、広告の費用対効果を良くしやすいと言えます。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら