2018/07/17更新

未経験IT業界志望の文系就活生が読むべき本3選(上級編)

今回は、IT業界志望の文系学生が読んでおくべき本3選(上級編)をご紹介します。ご紹介する3冊の書籍は、IT業界での仕事に直結するものではないですが、今後IT業界で働くにあたり意識しておいたほうが良いものを選ばせて頂きました。是非、お時間を見つけて目を通していただければと思います。

1.「やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん ~アヤノ&ミオと一緒に学ぶ 機械学習の理論と数学、実装まで~ / LINE Fukuoka株式会社 立石 賢吾」

1冊目は機械学習の入門書となります。IT業界にも流行があり、同じような技術であっても言葉を変えて再度流行となる事がよくあります。ただ、突き詰めると新しいと思われる技術であっても本質は同じであることが多いです。語弊を恐れずにいえば、こういった流行を商売のタネとしているのです。ただし、機械学習については、これまでの流行とは一線を画し、新たな潮流を生み出していく存在となるでしょう。今後IT業界で働く人は、機械学習を学んでおいて損をする事はないと断言できます。この書籍は「機械学習」とは何か?という基本的な内容から始まり、具体的な解決方法を説明しています。何冊か機械学習に関する書籍を読みましたが、この書籍が最も理解しやすかったのでオススメさせていただきます。

やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん ~アヤノ&ミオと一緒に学ぶ 機械学習の理論と数学、実装まで~

2.「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル / ジョン・ソンメズ」

2冊目はITエンジニアが「より良い人生」を送るためのバイブルをご紹介します。ITエンジニアとしてどうなりたいか。そのためには日々どのような考え方で、どのようなアクションを起こせばよいのか。この本の著者は30代半ばまでソフトウェアエンジニアを生業とし、巨万の富を得てリタイヤした方なのですが、その著者のテクニックや思考がたくさん詰まっています。自己啓発的な側面も強い書籍ですが、これからの時代は会社に雇われる一社員というだけではなく、自身の価値を如何に上げていくがが重要となります。この書籍を読むことでその助けとなることでしょう。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

3.「〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則 / ケヴィン・ケリー」

3冊目はテクノロジーの未来についてまとめた書籍をご紹介します。世の中はインターネットの登場により、ありとあらゆるものが変わりました。これはIT業界での働き方にも大きな変革をもたらしました。

この書籍は今後30年間どのようなテクノロジーがイノベーションを起こしてくのかを、12個の「ing」に分けて紹介しています。大事なのは私達IT業界に従事するものが、イノベーションを仕掛けていく側にまわる必要があり、そのためには1人1人のエンジニアが何をすべきかを考え行動する必要があるというところです。私達の仕事は世の中を変える力を持っています。読者の皆様には若いうちから新たなテクノロジーにアンテナを張り実際に行動を起こしてほしいと願っております。

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

さいごに

今回は、IT業界志望の文系学生が読んでおくべき本3選を、上級編としてご紹介しました。皆様がこれから長きに渡ってIT業界でご活躍されるにあたり、知っておいたほうがよいものをまとめた3冊となります。今後、自身がどのようなITエンジニアになりたいのかを考える上で重要な要素になるかと思いますので、是非お読みいただければと思います。

▼初級編はこちら

▼中級編はこちら

image byFreepikによるデザイン