2018/07/17更新

未経験IT業界志望の文系就活生が読むべき本3選(中級編)

今回は、IT業界志望の文系学生が読んでおくべき本3選(中級編)をご紹介します。いずれもIT業界では誰もが知っている有名な書籍となっております。読んで損をする事は絶対にない良書ばかりですので、是非ご覧ください。

1.「リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice) / Dustin Boswell,Trevor Foucher」

1冊目はプログラミングを行う上で、より美しいコードを書くための心構え・テクニックをまとめた書籍です。読者の皆さんはプログラミングの経験がありますか?全く経験がないという方もいらっしゃれば、趣味程度に経験があるという方もいらっしゃるかと思います。私自身、プログラミングを始めて10数年が経過しますが、確実に言えることは、プログラミングは「慣れ」です。今現在ハードルが高いなと感じている方も、動くものを作る事ができるようになるまでには、あまり時間を要しないことでしょう。但し、美しいコードをかけるかどうかは、きちんとした知識を身に付け、日頃から意識をしなければなりません。

では、なぜ美しいコードを書く必要があるか。それは美しいコードとそうでないコードは、メンテナンスにおいて数倍、数十倍の差が生まれてしまうためです。この書籍は、まだプログラムの経験がない、または浅いと思われる読者の皆様に読んで頂き、今のうちに美しいコードを書く癖をつけていただければと思います。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック(Theory in practice)

2.「プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則 / 上田 勲」

2冊目もプログラミングに関する書籍のご紹介となります。この書籍はプログラミングを行う上で、必ず知っておくべき内容が詰まった一冊です。といっても、プログラミング言語や小手先のテクニックなどの話ではなく、考え方や知識が抽象的にまとめられています。IT業界で数年働いている人でさえ、この書籍の内容を知らない、または実践できていないと感じる方が多くいます。まさに今からIT業界で働こうとされている皆様には、是非このタイミングで読んでいただき、エンジニアとして一生使える原理原則を学んでいただければ幸いです。

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

3.「プログラムはなぜ動くのか 第2版  知っておきたいプログラムの基礎知識 / 矢沢 久雄」

3冊目は、プログラムがなぜ動くのか、という書籍のご紹介です。読者の皆様は、プログラムがなぜ動いているかをきちんと説明できますか?私もこの書籍を読むまでは、なんとなく得た知識でぼんやりと理解していました。ところがこの書籍を読むことで、そのぼんやりとした理解がはっきりとした理解に変わりました。プログラミングを行う上で、なぜ動いているのかを理解しているというのは非常に大きく、コードに確実に差がでます。この書籍は、多数の図が使われているのでプログラミングが動く仕組みを感覚的に理解することができます。

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

さいごに

今回は、IT業界を志望する文系学生におすすめする本3選を、中級編としてご紹介しました。少し難しいと感じる内容もあるかもしれませんが、皆様のようなこれからIT業界で働くという段階で、ご紹介した書籍の内容が頭の片隅に上記の内容があるというのは、今後IT業界で働くにあたり、必ず財産となります。何れの書籍も繰り返し読んで頂くことで理解が深まっていき、皆様の力となってくれる事と思います。

▼初級編はこちら

▼上級編はこちら

image byFreepikによるデザイン