2018/11/13更新

ポジティブ就活のすすめ|留年も自己PRや印象付けに使えばいい

何かしらの理由があったとしても、残念ながら大学を5年、6年かかって卒業したという事実は消せません。皆さんの中には自らのウィークポイントとして、引け目を感じている方もいるでしょう。しかしこのようなマイナス要素も、場合によっては自己PR等に使える可能性もあります。ここでは留年となった事例別の回答ポイントを説明していきます。



企業が留年した理由をたずねる意図

面接において、留年をした理由をたずねる意図はどこにあるのでしょうか。まずは、この点について解説していきます。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら