2019/08/06更新

IR情報を企業研究に活用しよう!着目しておくべきポイントについて解説

就活生の皆さんは、誰でも業績の良い会社に入りたいと思うでしょう。赤字続きの企業は将来が不安な場合も多いですから、できれば入りたくないと思うはずです。また志望企業が将来どの方向に進むか、気になる方も多いでしょう。そのようなときは、企業のIR、つまり投資家向け情報を見ることで、多くの情報を入手することができます。

企業の業績をチェックする

企業の業績をチェックするには、各企業の決算短信や有価証券報告書、会社四季報や日経会社情報で確認すると良いでしょう。なかでも会社四季報や日経会社情報は、上場企業の業績がコンパクトにまとまっていますのでおすすめです。

売上高をチェックする

売上高は、企業が行う事業が拡大傾向にあるか、縮小傾向にあるかを示します。同業他社の数字と比較する必要はありますが、一般的に売上高が拡大傾向にある場合は、事業が成長していることを示します。また売上高が横ばいか縮小傾向にある場合は、その事業は成熟または衰退しているということになります。なお同業他社が売上を拡大しているのに、その企業だけ売上が伸びない場合は、何らかの問題があると思って良いでしょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら