2019/10/03更新

「サーバー」が何か説明できる?主な種類やそれぞれの働きについて紹介!

IT業界で必ず聞く言葉の一つに、サーバーがあります。最近ではクラウドサーバーなどという言葉も聞かれるようになりました。そもそもサーバーとは、どういう意味なのでしょうか。私たちの普段の生活には関係があるのでしょうか。またクラウドという言葉は、どのように関わってくるのでしょうか。このような点について、説明していきましょう。

サーバーってどういう意味?

サーバーには、個人が利用するパソコンと大きく異なる点があります。それは、利用者からのリクエストに応じて、サービスを提供するという役割があることです。例えばプリントサーバーならば、利用者からの印刷要求に応じて、実際に印刷する処理を行います。メールサーバーはメールを蓄積しておき、利用者の要求に応じて指定されたメールの内容を利用者の端末に送信します。

サーバーの種類

サーバーには、さまざまな種類があります。それぞれのサーバーの役割を簡単に記していきましょう。

ファイルサーバー

職場では、部門のメンバーが使うファイルを集中管理しておくしくみが必要となります。その目的を果たすのがファイルサーバーです。個々で仕事のファイルを持っていたのでは、どのファイルが正しいのか、また最新なのかがわからなくなります。ファイルサーバーはファイルを集中管理することでこのような事態を防ぎ、ファイルを最新に保つ役割を果たしています。

データベースサーバー

様々なデータを保存するサーバーで、目的別にデータベースサーバーが用意されていることも多いです。通常、格納されているデータには個人情報や機密情報が含まれていますので、データの格納や変更、取り出しの操作はアプリケーションサーバー等、他のサーバーを介することが通常です。

アプリケーションサーバー

企業などが提供するサービスを実行するサーバーです。データの更新や加工をはじめ、目的に応じてさまざまなデータ処理が行われます。

Webサーバー

企業などが提供するサービスを、Internet ExplorerやGoogle ChromeなどのWebブラウザで利用するために必要なサーバーです。このサーバーを介することで、利用者が使うパソコン等に専用のソフトウェアをインストールすることなく、サービスを利用してもらえるメリットがあります。

メールサーバー

電子メールを配送するためのサーバーです。メールを利用者の求めに応じて配信したり、利用者から送信されたメールを適切な宛先に転送するといった働きをします。宅配業者の営業所のような役割を果たしていると思うとわかりやすいでしょう。

クラウドサーバーは主流なのか

現在、IT業界ではクラウドコンピューティングなど、クラウドという言葉がはやっています。クラウドサーバーを使ったシステムもありますが、現在はこれが主流になっているのでしょうか。

そもそもクラウドサーバーとは?

クラウドサーバーとは、外部の会社が用意しているサーバーを使って、自社が行いたいサービスを提供するしくみです。サーバー自体は複数の会社で共用する形になりますが、運用上はあたかも自社の専用サーバーのように動かすことになります。そのため、情報が他社に漏れる心配は通常ありません。これにより物理的にサーバーを購入したり、サーバーをレンタルすることなく、必要なサービスを短期間、かつ安価に準備することができます。

クラウドサーバーが向いている用途

クラウドサーバーが向いている用途の例として、以下のようなものがあります。

・期間限定で開設するサイト(例えば、キャンペーンや懸賞応募サイトなど)
・アクセス数が大きく増大することがあるサイト(例えば、チケット予約サイトなど)

上記のような用途ならば、柔軟に性能を変更できるクラウドサーバーのメリットを生かすことができます。

従来の専用サーバーが向いている用途

もちろん、従来の専用サーバーが向いている用途もあります。例えば、ある種の個人情報や機密情報は、高いレベルのデータ保護を必要とします。そのため、データを保存している物理的な場所を把握しておきたいと思う企業は多いでしょう。このような場合は自社内にサーバーを配置するか、データセンターに機器を持ち込み必要な設定を行うことになります。

まとめ

ここまでサーバーについて説明してきましたが、いかがでしたか?実は、あなたが通う大学でも、さまざまなサーバーが稼働しています。この記事を読んで、どのサービスがどのサーバーを使っているか、想像できた方もいるのではないでしょうか。

利用目的に応じて、適したサービスを利用するということはサーバーにおいても同じです。いまはやりのクラウドサーバーは普及していくでしょう。しかしすべてを置き換えるわけではなく、使い分けが進んでいくことになると思います。

image byFreepikによるデザイン