2019/08/06更新

有名大学じゃないからと卑屈にならないで!視点を変えて自分にとっての最良の企業を見つけよう

有名大学でないからと、よい企業に就職することをあきらめている人もいるのではないでしょうか。また大手企業への就職をあきらめ、最初から中小企業を狙う方もいるでしょう。しかしIT業界に関しては、このような後ろ向きの就活はもったいないものです。変化の激しい業界ですから、次々と中小企業から大企業にのし上がる企業が出る一方、業界上位の座から落ちてしまう企業もあります。それでは、どのような視点を持って就活に臨めばよいのでしょうか。この点について、考えてみましょう。

IT企業を分類する基準は「大企業VS中小企業」だけではない

IT企業を分類する基準は、大企業と中小企業というように考えられがちですが、それだけとは限りません。ひとくちにIT業界といっても、現代ではさまざまな分野別に細分化されています。また有名なサービスや業界をリードするサービスを、中小企業やベンチャー企業が提供している場合もあります。

IT業界はさまざまな分野に分けられる

21世紀初頭までのIT業界は、もっぱらシステム開発をする会社のことを指していました。個人向けのシステムであればパソコン上で動くものであり、企業向けであれば汎用機やサーバーなどの大型コンピュータで動くシステムを作る仕事が主体であったわけです。もちろん今でも、このような汎用機やオープン系のシステム開発は、IT業界の大きな部分を占めています。主にSIerと呼ばれるシステムを総合的に請け負う企業や、ソフトウェア開発企業が担当します。しかしインターネットの普及により、Web上で動くシステム開発を行う企業も多くなってきました。さらには以下のように、Webを使ったさまざまなサービスも企業により提供されてきています。

  • Webサイト制作
  • SNS
  • ポータルサイト、ECサイト
  • クラウドサービス
  • フィンテック

このように現在のIT業界は、多種多様な分野に細分化されています。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら