2019/08/06更新

IT業界における「業界を限定した」就活のメリット・デメリット

就活を行う際に特定の業界に限定して就職活動を行うという学生も多いと考えられますが、狙う業界をIT業界に限定した場合どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。本記事では就活において志望業界をIT業界に限定するメリット・デメリットについて説明します。

IT業界に就職するということは?

まずはIT業界に就職するとはどのような事なのでしょうか。一般論としてIT業界だけでは志望する業界が充分に定まっていないので、もう少し志望する企業を限定した方が良いでしょう。

IT業界という定義の中には非常に多種多様な会社が含まれています。例えば大手企業や政府のシステムを作っているNTTデータや野村総研のようなSIer、メルカリやFreeeのようにITの力を使って何らかの業界に革新を起こそうとしているベンチャー企業、ガンホーやコロプラのようなスマホゲームを作っている会社、Googleやさくらインターネットのようにインターネットのインフラ整備を行っている企業などすべてがIT業界の中に含まれていますが、これらの企業は事業内容も違えば、働き方も違います。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら