2019/07/24更新

コミュニケーション力は単に「空気を読む」ことではない?職場で求められるスキルとは

コミュニケーション力と聞いて、何を想像するでしょうか。一般的には、「空気を読む」能力を思い浮かべることが多いかもしれません。しかし職場で求められるコミュニケーション能力とは、空気を読むことだけでは成り立ちません。むしろ空気を読んでばかりの対応は、社会人としてふさわしくないともいえるでしょう。それでは、職場では、特にIT業界ではどのようなコミュニケーションが重要とされるのでしょうか。そのポイントについて、この記事で解説していきます。

職場とは事業の目的を達成し、利益を得るために業務を行う組織

学校での友人関係と職場では、異なる部分があります。職場でのコミュニケーション力を解説する前に、そもそも職場とはどのような組織なのか、解説していきましょう。職場は事業の目的を達成し、利益を得るために業務を行っています。従って事業の目的や利益に結び付く活動が求められ、評価を受けることになります。

一方、よい雰囲気で仕事することは、確かにパフォーマンスを上げるために必要なことです。職場で友人を作ると、仕事も進めやすくなるでしょう。しかし職場は友達をつくり、維持することが目的の場所でないことには、留意する必要があります。そのため、よい雰囲気を保つことが最重要ではありません。多少人間関係にひびが入ったとしても、目的の達成や利益を向上するための行動が優先されます。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら