2018/11/22更新

キャッシュレス社会は進むか?現金を持たないメリットとデメリットなど

日本はキャッシュレス後進国だと言われています。日本はクレジットカードや電子マネーなどによるキャッシュレス決済はまだまだ普及しておらず、紙幣や硬貨を使った現金による決済が行われています。経済産業省が2018年4月に作成した「キャッシュレス・ビジョン」という資料によると、2015年の日本のキャッシュレス決済比率は18.4%と、アメリカの45.0%、中国の60.0%、韓国の89.1%と比較すると著しく低い数値になっています。本記事では日本でキャッシュレス社会は進むのか、そのメリットやデメリットなどについて説明します。

なぜキャッシュレスが推進されるのか-メリットとデメリット

消費者におけるメリット・デメリット

まずは消費者がキャッシュレス決済を行うメリット・デメリットについて説明します。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら