2019/10/15更新

Linuxって知ってる?国内外のシェア率〜長年人気を集める4つの理由について解説

皆さんはPCをお持ちでしょうか?そのPCのOSは何でしょうか?おそらく多くの皆さんはMicrosoft社のWindowsをお使いではないでしょうか。またはApple社のMac OSという方もいらっしゃるでしょう。Net Applicationsの調査によれば、2019年7月のデスクトップOSシェアはWindowsが88.45%でダントツのトップを獲得しています。続いているのがMac OSで、8.98%です。この2つのOSで約97%というシェアとなっています。

そして、第3位に続くのがLinuxというOSです。個人用PCではわずか2%あまりしかシェアがないため、非常にマイナーなOSだと感じる方もいらっしゃるでしょう。ですが、Linuxは世の中になくてはならないOSなのです。そこで今回は、余り知られていないLinuxというOSについて考察します。

Linuxのシェア

IT関連の調査会社であるIDC Japan株式会社によれば、2017年の日本国内のサーバーOSシェア(稼働環境別構成比)はWindowsが52.0%でトップ、Linuxが24.8%で2位となっています。但し、Linuxは前年比成長率が13.5%という高い成長を見せています。

このシェアには様々な説があり、一部の専門家によればLinuxは約70%のシェアを獲得しているという方もいます。何れにしても企業などが利用することが多いサーバーOSというカテゴリにおいて、Linuxは大きな存在感を発揮しているといえるでしょう。

Linuxが持つ4つの魅力

では、なぜLinuxというOSがサーバーOS市場において一定のシェアを獲得しているのでしょうか。デスクトップOSの様にWindowsがほぼ全てのシェアを奪えない理由はどこにあるのでしょうか。それはLinuxにはWindowsに劣らないメリットがたくさんあるために、サーバーOSとして根強い人気があるのです。ここではLinuxの魅力的なポイントを4つご紹介します。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら