2019/12/26更新

IT企業とIPO(株式公開)について

皆さんは経済ニュースをご覧になりますか?TOB、M&A、MOB…といったように、経済ニュースには様々な専門用語が飛び交います。なかなか理解が難しい言葉もありますが、その中には社会人として把握しておいた方が良い用語、またはIT業界にも関連がある用語があります。そのような専門用語の1つである「IPO」という言葉をご存知でしょうか。IPOが何であるかを知っていると、皆さんが将来億万長者になれる可能性が上がる?かもしれません。そこで、今回は「IPO」についてご紹介します。

株の仕組み

IPOを知るためには、企業の資金調達方法を知る必要があります。あなたが何か事業を始めようとした時、または事業を拡大したい時には、何が必要になるでしょうか?事業計画、信頼できる人、運、時間など様々ありますが、最も必要なものは資金ではないでしょうか。事業を開始、または拡大するためには莫大な資金が必要となるのです。皆さんが自分自身で資金を全額用意できれば何も困ることはありませんが、多くの場合はそうではないでしょう。

そこで資金を得る手段が必要となるのです。最もポピュラーな手段は、金融機関からの融資でしょう。ただ、事業にリスクがある場合、金融機関はなかなか融資をしてくれないのです。そこで、もう1つの資金調達手段である株の発行を選択するのです。株とは、資金を出資してもらう代わりに、企業、そして企業が生み出す利益を出資者全員でシェアします。出資者は、企業の将来性を信じて投資をします。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら