2019/10/01更新

アリババ(阿里巴巴集団, Alibaba)ってどんな企業?〜IT業界の勢力図を塗り替えるBATH〜

これまでIT業界は常にアメリカがリードしてきました。世界に大きい影響力を持つIT企業群をGAFAやGAFMA、FANNGも全てアメリカの企業です。ですが、このIT業界の勢力図は中国のIT企業が塗り替えつつあることをご存知でしょうか。アメリカ主導のIT業界に終焉をもたらす存在となり得る中国の有力企業群をBATHといいます。今回はそのBATHの一角である「アリババ」について考察します。

アリババの事業

アリババは「世界最大の流通総額を持つオンラインモバイルコマースカンパニー」と銘打ち、ECストアを中心とした多様な事業を展開しています。アリババはビジネスモデルに合わせて幾つかのECストアを保有しています。BtoBのECストアであるアリババドットコム、CtoCのECストアであるタオバオをはじめとして、QRコード決済のアリペイ、クラウドコンピューティングのアリババクラウドといった関連事業を運営しています。(Alibaba Japan

ECストアといえばアメリカのAmazonが有名ですが、クラウドサービスの展開などを見ると事業構造も良く似ていることが分かります。語弊を恐れずにいえばアリババは「中国版Amazon」といった表現がとてもわかりやすいといえるでしょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はNTTグループやリクルートなど、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら